家族への取立て

借金に関しては保証人や連帯保証人になっていなければ
本人以外に支払い義務はありません。

たとえ夫婦であっても借金は個人の問題となります。
別の問題なのですね。

よく聞く話で、
借金を重ねた挙句に失踪した人の借金に対して
残った親族が借金の取り立てに巻き込まれて困っているというケースも、
これは連帯保証人でない親族への取り立ては
明白な違法行為となっていることを知っておきましょう。

サラ金業者が、支払い義務のない者に対して、
それが家族であったとしても、支払い請求などをすることは
貸金業規制法に関する大蔵省の通達によって
禁止と明言されています。

医師転職ドットコム 医師転職応援
海外旅行を30倍楽しもう
不動産投資で明るい未来を!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。