法律上の支払義務

貸金業規制法に関する大蔵省通達では
「法律上支払義務のない者に対し、支払請求したり、
必要以上に取り立てへの協力を要求してはならない」とあります。

こういった場合には監督行政庁に行政処分や苦情の申し立てを
することができます。

また、警察に対して「貸金業規制法違反」で告訴することも
できますので、
仮に夫が奥さんに内緒で奥さんの印鑑証明を持ち出して、
奥さんをサラ金から借金するときの保証人にしたとしても
保証契約というのは、保証人になる人とサラ金(債権者)との間に
直接結ぶことが必要です。

上記のように無断で保証人にしても、
奥さんとサラ金業者の間には保証契約はないので
保証人の責任はありません。


身長アップケアサプリ アルファGPC
中国株の基礎情報
芸能界こぼれ話
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。